煙ゼロ®のストーブで未来の形を創造します

熱吸収蓄熱筒

熱吸収蓄熱筒の利用

蓄熱暖房機当社の『煙ゼロ®炎・暖炉』と『熱吸収蓄熱筒』を組み合わせて使用することで、高効率な暖房機として利用することが可能となります。

暖炉で発生させた熱を、熱吸収蓄熱筒で熱を溜め、室内を効率良くゆっくり温めます。屋外への排気の排気温度は低く抑えられるため、環境に優しい暖房システムとして利用することができます。

弊社での燃焼テストでは、屋外排気温度1回目の燃焼では、30℃以下で、3回連続燃焼の場合でも40℃以下で排気され、アルミダクトパイプの外側(壁際)でも30℃以下でおさまります。

熱吸収蓄熱筒

暖炉蓄熱吸収筒 暖炉蓄熱吸収筒内部

組み合わせ例

暖炉+熱吸収蓄熱筒 アルミパイプ接続

岐阜県山県市川口様邸

岐阜県山県市K様邸_01 岐阜県山県市K様邸_02 岐阜県山県市K様邸_03 岐阜県山県市K様邸_04

この暖房機の最大の特徴は、熱吸収蓄熱筒に排気を通す事で排気温度が極めて低くなる為、木の板を貫通させて排気しています。

この部分のアルミダクトは手で触れる温度です。

こちらのお宅は借家のため、壁に穴を開けたり、屋根を開ける事ができません。

薪ストーブが設置できないため、弊社の燃焼及び排気システムを導入されました。

お気軽にお問い合わせください TEL 058-324-6788 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)
※FAX・メールは24時間受付

PAGETOP
Copyright © 矩義所建築有限会社 All Rights Reserved.