煙ゼロ®のストーブで未来の形を創造します

煙ゼロ®炎・ほむら誕生秘話

なぜたった1本のマッチで着火できるのか?

現代では、電気やガスによって「火を使う」という事は簡単で何も苦労する必要はありません。でもそれらの器具が現れる以前は、自身の生命の存続にかかわるほど重要な技術だったのです。

私たちの多くは野外に出た時、「簡単に着火できない」「煙がひどくて苦しい」と言う事を経験したことがあるはずです。

「たった1本のマッチ」と【煙ゼロ®炎・ほむら】があなたの困った状況の野外活動を力強くサポートし、「火をつける事」がステータスになっている野外活動から、解放されることに違いありません。

【煙ゼロ®炎・ほむら】って何?

多くの人が初めて商品名を聞き、今まで見たこともない、使ったこともないでしょう。
なぜなら、発売は2015年6月だからです。
そうです。全く新しい「ウッドストーブ」だから、知らなくて当たり前なのです。
出来たてほやほやの新製品なのです。

【煙ゼロ®炎・ほむら】誰が考えたの?

開発者兼設計者の松久利光の履歴

宮大工として修行を積み、その後ピザ屋に薪を卸す生業を始めます。北は北海道から南は沖縄まで、薪を生産し販売をしておりました。その当時、まだまだ乾燥された良質な薪は量産されていなかったので、薪とピザの最高の焼き具合を鑑みて、薪を改良して行きました。当時は評判になり、販路は拡大されて行ったのでした。しかし時代はあっけなく松久に追いつき、薪の生産過剰に落ちいっていくのでした。その後、松久が目を付けたものが、家庭用の「北欧のブランド薪ストーブ」でした。
松久のもともとの原点である大工と薪販売から設置工事、メンテナンスによって薪ストーブと薪の販売を拡大して行きました。しかしここでも松久は、日本各地に浸透していく薪ストーブが使えないという悲しい壁に激突していくのです。

【煙ゼロ®炎・ほむら】を開発し始めたきっかけ

目の前でお客さんと隣人がいがみ合っているのを、設置した薪ストーブの煙突掃除に行った時でした。お客さんは、自身を癒すために数百万もの大枚と夢を押し込んで「薪ストーブ」を設置しました。しかし「薪ストーブ」は近隣との「煙の健康被害」で、心を疲弊させる元となっていること聞かされたのです。挙句に裁判まで行きそうな勢いだったのです。
「薪ストーブ」の未来に絶望した松久は「煙が出ない、安心して使えるもの、都会でも使えるもの」を基礎として、燃焼効率を極限まで高め実験実証にいそしみました。

「薪ストーブ」と【煙ゼロ®炎・ほむら】の関係

「薪ストーブ」より、良いものとして当初開発し、販売を行った商品が農業用暖房機器でした。そしてその後皆に楽しんでもらえるようコンパクトに持ち出せるよう改良した物が【煙ゼロ®炎・ほむら】なのです

【煙ゼロ®炎・ほむら】をお勧めする理由

農業用暖房機器としての実績と薪とストーブのプロ中のプロが考え生み出した【煙ゼロ®炎・ほむら】は決して期待を裏切りません。

【煙ゼロ®炎・ほむら】の応援団を募集しております。

あなたは応援したくなるはずです。

何故なら、燻製やパンとコーヒー豆の焙煎、あらゆる調理、冬中のテント内で使用しても問題ない煙突の販売、等々煙が出ない【煙ゼロ®炎・ほむら】にしか出来ない商品展開を計画中です。

多くのオプション開発にあなたも参加しませんか?

今、あなたの「ほしい」が【煙ゼロ®炎・ほむら】を成長させる基礎となる時間なのです。

【煙ゼロ®炎・ほむら】はあなたの野外活動をより広く、力強く支えてくれることでしょう。

お気軽にお問い合わせください TEL 058-324-6788 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)
※FAX・メールは24時間受付

PAGETOP
Copyright © 矩義所建築有限会社 All Rights Reserved.