焼付け塗装のための温度をかける容器を手作りで製作。

電気ヒータを熱源にテスト。

内部温度も200℃以上に上がりバッチリ成功。

さっそく焼付け塗装のテスト。