柿を一つ一つ紙に包み箱の中に入れ発送するために、作業場回りを片付けその後、新商品のテスト燃焼をして温度測定し、熱回収がほとんどできるようになり、室温より5~9度以内で屋外放出できるようになりました。