朝早くにパイプを打ち込み、1人のご要望は終わり、コーヒー生豆をゴマ炒り器で、いってみて時間測定。

温くん・熱くんの別々の方法で温度測定。