ガラスの筒の燃焼の上で、コーヒー生豆の焙煎をしてもススが付かない方法で、テスト完了。